Curriculum

Cross Subject Learning

Harvard大学教育大学院ハワード・ガードナー教授が提唱した 「MI理論」に基づいた、当園独自のテーマ学習カリキュラムです。

MI理論とは、「人は皆それぞれMultiple Intelligences(多重知能)を持っており、少なくとも8つの知的活動の特定の分野で才能を伸ばすことが出来る」という考え方です。

全ての人はこれらの知能をもっていますが、強い知能もあれば、これから伸ばす必要がある知能もあります。

得意なこと、不得意なことが人それぞれ異なるのはそのためで、複数の知能の強弱や組み合わせで「個性」が形成されているのです。そのため、効果的な学習法は人によって異なります。

月ごとに共通のテーマを設け、教科横断的な学習において異なる入り口からのアプローチをし、観点を変えてものごとをとらえることで、習った知識の定着と、一人ひとりの可能性を制限しない学びを実現します。

遊びの中に学びの要素をふんだんに取り入れたレッスンは、知識を深めるだけでなく、心と身体を豊かに育みます。 子ども達は、大好きな遊びの中で「自分」を育てていきます。多様なアクティビティが五感を刺激し、個々の興味を最大限に引き出します。

それぞれが自分にあった学び方で成功体験を重ねて自信をつけ、力を伸ばすことができるカリキュラムです。

Thematic Approach

Each person has different strengths and weaknesses, and individuality is formed by the combination of multiple intelligences. Therefore, effective learning methods vary from person to person.

The lesson plans will have a common "monthly theme” that will be taught through different subjects like math, art, music, language arts, and so forth. This will enable each child to understand the theme better through his/ her ability.

A child develops him/her “self” through play.
Through playing, all the five senses are stimulated in children. We will incorporate a variety of activities that will generate their interest in playing and hence they will learn effectively.

The curriculum allows each child to experience success in a way that suits his or her learning style, builds self-confidence, and develops talents.

Drama Education

子どもには、自分たちで自由に遊びを作りだす創造性や、
何かに変身したりお話の世界に入り込む大人顔負けの想像力があります。

ごっこ遊びは、発達心理学では「象徴遊び」ともいわれ、
幼児期の発達に欠かせない要素がたくさん詰まったとても高度な表現遊びです。

First Starが最も大切にしている「ドラマ教育」は、ごっこ遊びの延長でもあります。

違う立場を擬似体験し、この役ならどんなことを言うか自分なりに考えることで、
観点を変えてものごとをとらえる力や、他者の気持ちを思いやる共感力が育ちます。

お友達と関わりながら、自己決定や挑戦する機会に遭遇し、リーダーシップや主体性、社会性、協調性など、
実に多くの非認知的スキルが身についていきます。もちろん、同時に言語運用能力も飛躍的に上達します。

園内にはドラマチックプレイエリアがあり、お仕事体験やなりきり遊びを楽しむ環境が整っています。

また、プリスクールには珍しい、ステージを完備しております。
日ごろからShow & Tellや様々な発表の場を設け、人前で自己表現することに早くから慣れていき、
日本人が苦手だといわれているスピーチ力やプレゼンテーション力を養います。

劇づくりの過程では、みんなで協力して一つのことに夢中で取り組む経験をします。
自分の役割に責任を持ち、意思疎通を密にし、相手に受け入れられることで自信をつけ、自己肯定感を高めていきます。

卒園時には、大きな発表を行います。舞台上での成功体験を通して、ものごとを達成する喜びを知ります。

ドラマ教育を通して「生きるための力」を育むことが出来るのです。

Children have immense creativity and imagination that gets expressed through imaginative play or dramatic play.
This is how non-cognitive skills develop.

Through dramatic play, children not only acquire language skills but also build empathy and consideration for others through different role plays.

Role-plays are important for children. Our school is equipped with a performing stage that will give opportunities to students to express themselves on stage and perform in front of an audience.

Children, through such regular experiences, will be less shy and inhibited. Regular “show & tell” will boost their confidence and overcome stage fright. At graduation, the students will perform on a grand scale stage. This experience on stage will be a memorable one for the graduating students. They will accomplish a unique experience of education through drama learning - team building skills, acceptance and diversities of individuals, confidence, trust building, and last but not the least appreciation for others.

Dance & Music

身体表現を多く取り入れた音楽教育で、音感やリズム感を身につけます。聴覚が最も伸びる幼児期に様々な種類の楽器に触れ、リトミック、ダンスなど楽しく能動的に音楽に接することで、豊かな感性や表現力、集中力や創造力を育みます。

Music education incorporates a lot of physical expressions. Through many active and enjoyable lessons using musical instruments, our students will develop senses of sound, rhythm sensitivity, expressions, concentration and creativity.

Art & Craft

アート、ものづくりを通して様々な素材を使った自由な表現を楽しみ、一人ひとりがもつカラフルな個性や豊かな発想に目を向け、多様性の素晴らしさ、 互いのよさを受け入れることを学びます。子どもたちの作品を楽しんでいただけるよう、 展覧会の日もあります。

Through art and craft using a variety of materials, children will enjoy expressing themselves freely and understand the diversity of one another. Exhibition days will be scheduled for parents to enjoy their children’s artwork!

Physical Education

身体のバランスをとる動きや身体を移動する動き、 物のコントロールなど、この時期に身につけた 動きのバリエーションが充実しているほど、のちに運動神経が開花しやすいと言われています。
この発達のチャンスを生かせるよう、広々とした 園内では、ボール、マット、平均台、フープを使った運動など、年齢に合ったさまざまな動きや遊びを通して 多様な運動技能を養い、体力だけでなく、やる気や集中力、社会性などの向上を図ります。 晴れの日は外遊びにも出かけます。

The more variation in movement acquired during this period of childhood, the more likely the child’s hand-eye coordination can grow later in life. To take advantage of this developmental opportunity, our students will be encouraged to build a variety of movement skills through age-appropriate activities such as playing ball, activities on mats, hoop exercises, etc. PE lessons will be aimed to focus not only on physical strength building but also working on motivation, concentration and social skill development. Outdoor activities in bright sunny weather will be encouraged.

Japanese Education

母語の構築は基礎学力の基盤を作るといいます。
英語習得のために母語による学びをおろそかにすべきではないと考え、日本語による知育の時間も設けています。
また、四季折々の日本の行事も体験します。日本特有の文化や道徳心、集団生活の中でのルールや マナーを学ぶことは、日本のお子様にとっては日本人としてのアイデンティティと常識を持ち卒園後スムーズに小学校へ進学する、 そして海外にルーツのあるお子様には、日本の地域社会で幸せに暮らすための手助けとなります。
保育士資格や、日本語教育資格をもつ 日本人のバイリンガルスタッフがお子様の学びをサポートします。

Students will experience Japanese seasonal events.
Learning about Japanese culture and etiquette will help children from other countries to be better adjusted to their local community in Japan.
Our bilingual Japanese staff are qualified childcare professionals. They will confidently support your child’s learning.

Book Reading

絵本の世界には、社会の一員として生きていくための大切なメッセージがたくさん詰まっています。
知識を得るだけでなく、言葉に対する感覚を養い、想像性、自分で考える力、道徳心を育みます。
ライブラリーには英語だけでなく、日本語の絵本も豊富に揃えており、常に絵本に親しめる環境が整っています。
また、リーディング・プログラムを取り入れており、レッスンで読んだ本や習った単語をご家庭でデジタルデバイスを使ってさまざまなアプローチで復習でき、4技能を強化できます。

Picture books contain many important messages for children that illustrate how to live harmoniously in society respecting nature and others.
Apart from being a great source of knowledge, books are excellent tools for children’s language development and imagination.
Our library has a wide variety of English picture books as well as Japanese ones, providing an environment in which children can always become familiar with picture books.
We also have a digital reading program that allows children to review the books they read in the lessons at home.

Math & Science

なんでだろう?知りたい!やってみたい!という好奇心が自分で調べようとする探求心につながります。
身近な材料を使った実験や自然との関わりを通して、自分なりに考え、結果を予測したり、深く観察しものごとの特徴をつかんだり、新しいことを発見する喜びを体感します。
具体物を通して比べてみたり試行錯誤してみることで、数や図形のセンスや感覚を育てます。
論理的な思考力と問題解決能力は、将来お子様が 未知の問題に直面したとき、おそれずに向き合い、 自分を信じて乗り越えていく支えになります。

Through experiments and observations, children will experience the joys of discovering, developing their curiosity, and learning to predict results. The ability of logical and critical thinking will enable a child to develop decision-making skills in unpredictable situations in the future.

その他海外の行事、社会科見学、芸術鑑賞、農業体験、SDGsのレッスンや環境問題への取り組みなど、
多くの経験を通して学びます。

お問い合わせはこちら